mineo(マイネオ)の家族割で毎月50円割引に!複数回線割との違いも解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

mineo(マイネオ)の家族割


月額料金がとってもお手頃で顧客満足度も高いmineo(マイネオ)

そんなmineo(マイネオ)に家族みんなで乗り換えを考えている方もいるのではないでしょうか?

mineo(マイネオ)には家族割という割引がありますので、ご家族の方とmineoに乗り換えなら毎月の月額料金がもっと安くなります!

ここでは、このmineo(マイネオ)の家族割についてご紹介します!

mineo(マイネオ)の家族割とはどんな割引サービス?

mineo(マイネオ)のプラン

まず、mineo(マイネオ)の家族割とはどんな割引サービスなのかを簡単にご紹介しますね。

mineoの家族割は、家族で申し込まれた場合を対象にプラン料金から毎月50円割引してもらえるサービスです。

離れて暮らすご家族同士や、苗字が異なるご家族同士でも割引が適用されます。

以下では、このmineoの家族割の適用条件や申し込み方法についてご紹介していきます!

mineoの家族割の適用条件:3親等・5回線まで

mineo(マイネオ)の家族割

mineo(マイネオ)の家族割には、「3親等・5回線まで」という適用条件が設けられています。

mineoの家族割は主回線契約者の方が申し込みをする必要があるのですが、その主回線契約者の3親等内の家族・親族までが対象となります。

また、家族割の適用は最大で5回線までとなっています。

mineoの家族割の申し込み方法

つぎに、mineo(マイネオ)の家族割の申し込み方法について確認してみましょう。

家族割申し込みの際には、主回線契約者(代表者)の方からの申し込みが必要です。

  1. mineoのマイページに「eoID」「パスワード」を入力してログインし主回線契約者の方の電話番号を選択
  2. mineo(マイネオ)のメールアドレス

  3. マイページ内の「ご契約サービスの変更」をタップして「家族割変更」を選択
  4. mineo(マイネオ)の家族割

  5. 画面下の「グループ追加する」から『利用番号(家族の方がmineoで利用する電話番号)』と『続柄』を入力して「次へ進む」を選択
  6. mineo(マイネオ)の家族割

  1. 次の画面で運家族関係証明書類の画像をアップロードして申し込み完了
  2. mineo(マイネオ)の家族割

■家族関係証明書類の例

運転免許証/パスポート/顔写真付き住民基本台帳カード/在留カード/外国人登録証明書/身体障害者手帳/被保険者証etc

mineoの家族割が適用開始されるのは審査完了の翌月から

mineo(マイネオ)の家族割が適用開始となるのは、mineo運営側で申し込み内容の審査が完了した翌月からとなります。

たとえば、月末ギリギリに申し込みをしたとしてもmineo運営側で審査が完了する日が翌月になった場合には翌々月からの適用となります。

mieoの家族割に申し込む際には、できるだけ早めに申し込みをするようにしましょう。

■例)4月29日に家族割を申し込んだ場合

【ケース1】

  • 4月29日に家族割申し込み完了
  • 4月30日に家族割の審査完了
  • 5月分から家族割が適用

【ケース2】

  • 4月29日に家族割申し込み完了
  • 5月1日に家族割の審査完了
  • 6月分から家族割が適用

mineoの家族割の注意点

mineo(マイネオ)の家族割については、主回線契約者の方が申し込みをする必要があることをご紹介しました。

もし、主回線契約者の方が解約をする場合には、家族割のグループに追加していたその他の家族の方の家族割も解除となってしまいます。

ですので、主回線契約者の方が解約をする場合には、別のご家族の方が主回線契約者となり再度家族割の申し込みをする必要があることに注意しましょう。

mineo(マイネオ)の家族割と複数回線割の違いは?

mineo(マイネオ)のプラン

mineo(マイネオ)には家族割のほかに、複数回線割という割引サービスがあります。

このmineoの複数回線割とは、同一名義で複数回線を申し込む際に最大5回線まで各回線の月額料金から50円を割引してもらえるサービスです。

家族割と複数回線割の申し込み方法の違い

mineo(マイネオ)の家族割と複数回線割の申し込み方法の違いの1つ目が、「申し込み方法」の違いです。

先にご紹介したようにmineo(マイネオ)の家族割では、主回線契約者の方が家族証明書類を提出する申し込み手続きが必要です。

しかし、複数回線割の場合には同一名義で契約すれば自動で適用となります。

パケットギフトが使えるか・使えないかの違い

mineo(マイネオ)の家族割と複数回線割の違いについて、結構ポイントとなるのがパケットギフトの使用可否についてです。

mineoには、友達や家族とパケットを分け合えるパケットギフトという機能があります。

このパケットギフトのルールとして、「同一eoID間ではパケットを交換できない」という条件があります。

ですので、同一名義で複数回線を契約した場合には、複数回線が適用されるけどパケットギフトでパケットを分け合えないということになります。

家族割だけじゃない!mineo(マイネオ)を家族で利用するメリット

mineo(マイネオ)には、家族や友達とパケットを分け合える「パケットシェア」「パケットギフト」という仕組みがあります。

どちらも「パケットを分け合える」という点では同じですが、少しだけ仕組みの内容が違います。

■パケットシェア

  • グループ(最大5回線まで)内でパケットを分け合える
  • シェアができるのは繰り越したパケットのみ
  • 同一eoID間でもパケットを分け合える

パケットギフト

  • ギフトコードを作成してパケットを分け合える
  • 当月分のパケット残量の中から分け合える
  • 同一ID間ではパケットを分け合えない

mineoの「パケットシェア」「パケットギフト」については、以下の記事でも照会していますのでご参考くださいませ!

参考mineo(マイネオ)のパケットシェアとは?

参考mineo(マイネオ)のパケットギフトとは?

mineo(マイネオ)に家族みんなで乗り換えよう!

mineo(マイネオ)の家族割

ここまでは、mineo(マイネオ)の家族割の内容や申し込み方法についてご紹介をしてきました。

mineoの家族割は、家族みんなでmineoを利用する際に毎月50円の割引が適用される割引サービスです。

毎月かかるスマホ代ですので、少しでも料金が安くなるって嬉しいですよね!

月額料金の安いmineoをさらにお手頃に利用できますので、ぜひご家族みんなでmineoに申し込んでみてくださいね!

【参考】UQmobile(UQモバイル)なら家族割で500円分が割引に!

UQ家族割

このサイトではUQmobile(UQモバイル)をメインにご紹介していますが、そのUQモバイルにもお得な家族割があります!

UQモバイルの家族割では、2回線目以降の月額料金から毎月500円も割引してもらえるサービス内容となっています!

また、mineo(マイネオ)の家族割では適用条件が5回線までとなっていますが、UQモバイルの家族割の場合には最大9回線まで適用となります!

たとえば、家族4人でUQモバイルに申し込んだ場合には3回線が家族割の適用となり、年間にすると18,000円(500円×12ヶ月×3回線)も割引でお得に!

UQモバイルの家族割については、「UQモバイルの『UQ家族割』で2回線目以降から毎月500円引きに!」でご紹介していますのでご参考くださいませ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【UQ mobileご契約促進プログラム】格安スマホのUQモバイル