UQmobile(UQモバイル)のターボ機能を使うと毎月のデータ容量を節約できる!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

UQmobile(UQモバイル)


ここでは、UQmobile(UQモバイル)の便利な機能であるターボ機能についてご紹介します。

UQmobile(UQモバイル)のターボ機能は、ネットやアプリ利用時の通信速度を切り替えることができる機能です。

このターボ機能を活用することで、データ容量の節約高速通信への切り替えなどを行うことができます。

【UQ mobileご契約促進プログラム】格安スマホのUQモバイル

UQmobile(UQモバイル)のターボ機能でデータ容量を節約できる!

UQmobile(UQモバイル)

UQmobile(UQモバイル)のターボ機能とは、“高速通信(ターボON)/低速通信(ターボOFF)”のように通信速度を切り替えることができる機能です。

このターボ機能を必要となる通信速度によって切り替えることで、毎月のデータ容量を余分に消費することなくデータ通信を行うことができます。

たとえば、動画閲覧などのデータ容量が大きい場合は高速通信(ターボON)、SNSやWebサイト閲覧などのデータ容量が少ない場合は低速通信(ターボOFF)のように切り替えを行えます。

 このターボ機能を利用することで、毎月のデータ容量の消費を抑えながらスマホを利用することができます。 

ターボ機能の切り替えで通信速度はどう変わる?

UQmobile(UQモバイル)には、「ぴったりプラン」「おしゃべりプラン」「データ高速プラン」「データ無制限プラン」と4つのプランがあります。

それぞれのプランでターボ機能を切り替えた際、通信速度は下記のようになります。

ぴったりプラン・おしゃべりプラン
高速通信:受信最大150Mbps
低速通信:受信最大300Kbps

データ高速プラン
高速通信:受信最大225Mbps
低速通信:受信最大200Kbps

データ無制限プラン
高速時・低速時を問わず送受信最大500Kbpsで利用可能

低速通信(ターボOFF)ならカウントフリー

UQmobile(UQモバイル)

UQmobile(UQモバイル)のターボ機能を低速通信(ターボOFF)に切り替えた場合には、カウントフリー(データ消費なし)で無制限にネットやアプリを利用することができます。

LINEやFacebookなどの主要SNSや360pの画質を下げたYoutube再生などであれば、低速通信で十分楽しめます。

データが軽いメールや文字情報主体のWebページ閲覧時などは、ターボ機能を低速通信(ターボOFF)に切り変えることで毎月のデータ容量を節約しながらスマホを利用できますよ。

UQmobile(UQモバイル)のターボ機能の切り替え方法

UQmobile(UQモバイル)のターボ機能の切り替えについては、UQmobileデータチャージサイトUQmobileポータルアプリで行います。

どちらも、ターボ機能のON/OFFの設定だけで高速通信と低速通信の切り替えが可能です。

UQmobile データチャージサイトについて

UQmobile(UQモバイル)

UQmobileデータチャージサイトとは、UQmobile(UQモバイル)のユーザー専用サイトです。

このUQmobileデータチャージサイトでは、ターボ機能の切り替えのほかにもデータ容量の追加購入や契約状況の確認・変更、データ残量の確認などを行うことができます。

利用時には、my UQmobile IDとパスワードを入力してログインを行います。

UQmobileポータルアプリについて

UQmobile(UQモバイル)

UQmobileポータルアプリは、UQmobileデータチャージサイトのアプリ版です。

UQmobileデータチャージサイトと同様の各種操作を行うことができます。

もちろん、インストールは無料で行うことができます。

UQmobile(UQモバイル)のデータ容量繰り越しとデータチャージについて

UQmobile(UQモバイル)

UQmobile(UQモバイル)のターボ機能の切り替えでデータ容量を節約することができることはお分かり頂けたかと思います。

また、データ容量の節約によって当月分のデータ容量が余った場合には、次月分へ繰り越すことができます。

逆に、当月分のデータ容量を超えてしまった場合、ぴったりプラン・おしゃべりプランでは300Kbps、データ高速プランでは200Kbpsへと速度制限されます。(データ無制限プランはデータ容量無制限)

データ容量を超えてしまい低速化のままでは使いづらい場合には、UQmobileデータチャージサイトもしくはUQmobileポータルアプリからデータ容量の追加購入が可能です。

購入できるデータ容量と金額については下記のとおりです。

データチャージ料金

  • 100MB:200円
  • 500MB:500円

UQmobile(UQモバイル)のターボ機能はどんな時に切り替える?

UQmobile(UQモバイル)

UQmobile(UQモバイル)のターボ機能の切り替えを上手く活用して、余分なデータ容量を消費しないようにしたいところですね。

では、どんなタイミングやどんな利用目的の時にターボ機能を切り替えれば良いのか。

下記では、UQmobile(UQモバイル)のターボ機能を切り替えるポイントについてご紹介します。

データ通信量が少ないサービス利用時は低速通信でデータ容量節約

メールやSNS、文字情報が主体のWebページ、音楽ストリーミングサービスなど、データ通信量が少ないサービスの場合には低速通信でデータ容量を節約しましょう。

節約で余ったデータ分は、動画などのデータ通信量が多いサ−ビス利用時に利用したり、翌月分に繰り越して利用することができます。

ターボ機能が低速通信でも問題なく利用できるサービスは以下のようなものが挙げられます。

低速通信で利用できるサービス
メール、SNS、文字情報が主体のWebページ、音楽配信サービス(LINE MUSIC、AWA)、ラジオアプリ(radiko)など

動画や画像がメインのサービスは高速通信でサクサク利用

動画や画像コンテンツが主のサービスの場合には、データの読み込みに通信量が多く必要となります。

そのような場合には、ターボ機能を高速通信に切り替えてサクサクと利用しましょう。

ターボ機能を高速通信に切り替えた方が良いサービスとしては以下のようなものが挙げられます。

高速通信がオススメのサービス
Youtube、Instagram、ゲームアプリ、動画・画像の多いWebページなど

UQmobile(UQモバイル)のターボ機能を活用して快適なスマホ利用を!

UQmobile(UQモバイル)

ここでは、UQmobile(UQモバイル)のターボ機能に関する情報についてご紹介してきました。

今までのキャリアスマホでは、通常時は高速通信でデータ通信が行われデータ容量を越したら低速通信に切り替わっていましたが、ターボ機能を利用することで必要に応じながらデータ容量を節約してスマホを利用することができます。

この切り替えによって、月末に「あ…データ容量がもうない…」なんてことも防ぐことができます!

UQmobile(UQモバイル)の格安SIM・スマホを購入したら、このターボ機能を上手に活用しながら快適にスマホを利用しましょう。

UQモバイルに今すぐ申し込む!

UQモバイルにMNPで乗り換える方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【UQ mobileご契約促進プログラム】格安スマホのUQモバイル